あしたもおとうさん

育休を一年とった。子どもとの山あり谷ありの育児・日常の記録

かんかん照りと戦い

春。

 

そう、なにをするにも楽しい季節。

花は咲き誇り、蝶は舞い、鳥は歌う。

そんな公園遊びライフの午後。

 

今日は「春」を通り越し、初夏の天気。

日陰は風が涼しいが、日差しはきつい。

 

そんな初夏ライフの午後。

 

戦争が始まる。

 

 

父:お外は暑いから帽子かぶろうね〜。

娘:ぼうぼ?(ぼうしかぶるの?)

父:そう、暑いからね〜

娘:ぼうぼ〜😠(ぼうしやだ、てか、このまえのぼうししかかぶらない〜)

父:この前のぼうしは小さくなっちゃったからね〜。今年はこれだよ〜

娘:ねぇね〜😠(だって、そのぼうしはお姉ちゃんがつけていたやつじゃないか)

父:ねぇねがつけてたね。でもねぇねもちいさくなっちゃったからこれをくれたんだよ〜

娘:やたー😠(やだー)

父:まあまあそんなこと言わず。外で遊びたいでしょ?

娘:・・・(まあ、そりゃそうだけど)

父:ってことでかぶってくださいな。(かぶらせ、紐を止める。)

娘:ぼうぼ〜😠(だからこれじゃないってば〜、いやだかぶるの〜)

父:お外で遊べないよ?

娘:・・・

 

よし、完璧だ。では、遊ぶところへレッツゴ〜!

 

 

 

娘:(不意にぼうしを取る)

父:あれ?とらないでよ〜ん(かぶせる)

娘:やたー(やだ)(取る)

父:まあそんなこと言わずに(かぶせる)

娘:やーたー( ;  ; )(とる)

父:まあまあ・・・

エンドレスループで20回くらい。

 

結果。

 

 

空曇る。

 

娘、ぼうし取る。

 

父、完敗。

 

 

 

ま、次回からはかぶってくれるようになりましたが。