あしたもおとうさん

育休を一年とった元ブラックな働き方のお父さんの一年間。

ちゃんと反抗期

様子見の一週間。

娘「おとうさんこれやっとくね」

父「わお!そんなこともできちゃうの?」

娘「おとうさん、味付けがちょっと濃いかな」

父「オッケーわかった!」

父「レバーはどう?おとうさん大好きなんだ〜」

娘「う〜ん、好きじゃないけど頑張って食べる!」

 

まあよくできた子だわと、土日にもこんな姿見せたことないわと思って

いつこれが終わるんだ、がんばりすぎやしないか娘よ。と心配していたら。

 

次の一週間イヤイヤの嵐

父「あれ?パジャマ片付け忘れているよ〜」

娘「やだ〜やんないも〜ん」

父「ご飯はゆっくりちまちまたべないよ!パクパク食べよ^^」

娘「やだ〜、この味すきじゃない〜、ゆっくり食べた〜い」

 

(−_−#)ま、こんなもんだよな。土日より激しいけど

 

しまいには、意味不明の叫び、泣き。

娘「自分で食べたいの〜、おとうさん食べさせて〜」謎

娘「(みんな食べ終わったあとに)みんなより遅く食べるのやだ〜、おかわりしたい〜」謎謎

娘「うわ〜あ〜、あ〜〜〜、いやだ〜」

父「なにが?どうしたの?」

娘「わからな〜い〜」謎謎謎

 

カオスに突入しております。

ちゃんと反抗期に戻りました。

ちゃんとお母さんがイライラした娘に戻ってくれました。

 

こりゃ、イライラするよね。だって意味わからないもん。

そのうえ、喋りだけは一丁前だし、超自己中だけど理論整然としてるし。

 

そりゃ、爆発するわな。

 

そんなとき、夜中にとっていた育児番組での悩み相談。

親「なんか私、娘の駄々こねるのに付き合ってあげられなくて。下の子が生まれて甘えたいというのはわかるんですけど、必要以上にふざけたり甘えたり言うこと聞かなかったりするものだから、つい怒っちゃって・・・」

 

お、あるある。うちも上のこが幼稚園に行きだして家ではそんな感じですよ。

状況は似ているじゃないですか。悩みますよね〜。専門家はなんと答えるのかな?

 

専門家「ま、母親も人間ですからね。いらっときたら怒っていいんじゃないですか。大人も嫌だったんだよって」

 

なに〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

専門家だから、「そこは大人になって、怒っちゃいけません」とか「受け入れてあげましょう」とかいうのかと思ったら。逆の意味でメカラウロコ。

 

なので、安心してプチっとこっちが切れたときは伝えることにしました☆

 

そんなケンカがおこなわれる4月の中盤。